« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

八甲田の春スキー

Hako1昨日は八甲田へスキーに行ってきました。前日降った雪でコンディションは良好。さらに青空も見える快晴となって最高の春スキー日和でした。フォーレスト、ダイレクトと各コース滑って、帰りはジャズ研の合宿所にもなっている黒森山近くの大川原温泉に入って来ました。今年は4月いっぱいは春スキー楽しめそうですよ!

八甲田春スキーのお写真はここ

| コメント (0)

2008年3月23日 (日)

28期も卒業

28ki大学院生として残っていたジャズ研28期も卒業。就職、さらに進学とそれぞれの道へと旅だっていきます。ということで一足早く社会人になっていた部長エイシも来て何年ぶりかの28期サブミー?でした。
左からハッシーp、たけちゃんp、エイシas、じゅんts、りさdsです。

| コメント (0)

2008年3月21日 (金)

弘大卒業式

Dscn1342今日は弘大の卒業式。ジャズ研30期もいよいよ旅立ちとなりました!今日はお天気よく暖かな卒業式日和。スーツや晴れ着姿も見事にきまって、学生最後の行事を無事に終えたという感じです。夜は謝恩会など終えた卒業生がUNIONに集まって飲む予定なので、お別れがてらみなさんお越し下さいませ!
卒業生は左後ろから30期部長だった大友と副部長の悠仁、周ちゃん、たけし。きれいな晴れ着姿は左からむっちゃん、みきな、私、乳井さんです。あと玉ちゃんもいますが写真撮影には参加出来ませんでした。みなさん社会人になってもUNIONに遊びに来てね〜!

| コメント (0)

2008年3月17日 (月)

別れの季節

Dscn1332昨夜はSession。今月21日はいよいよ弘大卒業式ということで、弘前を去る人達にとっては最後のSessionになるのかも知れません。ゆうじんds、大友ds、りさds、ハッシーp、竹ちゃんp、まゆbと現役最後のメンバーが参加。またこの春青森を離れる24期みかtsも来てくれました。さらに同期リナちゃんの結婚式出席で札幌からやって来た22期部長の坂井dsがあかねちゃんdsと共に参加(写真)。この後帰省するという片桐dsや常連千葉dsさんも加わってドラムパート大集合でした!さらに秋田大学のジャズ研メンバーも遊びに来て、久しぶりの大にぎわい。10時までの延長戦で盛りあがりました。
しかしこの春はたくさんの人が弘前を離れるので寂しくなりますね〜(T_T)

| コメント (0)

2008年3月15日 (土)

レコードプレイヤーから直接パソコンへ!

Sonyレコードプレイヤーから直接パソコンに音源を取り込めるという便利な機種が登場した。
SONYのUSB端子搭載のステレオレコードプレーヤー「PS-LX300USB」。これなら大事にしていたアルバムや貴重盤などの永久保存が気軽にできるうえに、MP3などのデジタルデータにして携帯音楽プレーヤーに入れたりCD-Rに焼くこともできる。値段も2万円台と買いやすい価格設定ですよね。レコードたくさん眠らせている人には嬉しいニュースです。私も欲しいよー!

詳しい商品説明、使い方のビデオなどはここです。

 

| コメント (2)

2008年3月11日 (火)

津軽そばの「野の庵」全焼

朝日新聞ネット版にも大きく報じられていますが、我が家の近所にある弘前公園側の老舗「野の庵」が今日の夕方火事で全焼したらしい。西堀のボート乗り場近く、昔の水族館の隣にあって公園散策のときは毎回通っていたし、桜祭りのときは座敷で食事する人の姿が見えてました。最近は津軽そばで全国的な人気も出てきたのに残念ですね。

記事はここ

| コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

Live In Hamburg/e.s.t.

Estエスビョルン・スベンソン・トリオの頭文字から「e.s.t.」というバンド名になったスウェーデン出身、ヨーロッパで人気のピアノ・トリオ。2006年に世界24 カ国をまわり、観客20万人を動員、全100公演に及んだというワールド・ツアーを開催しました。どこも満員で大変な人気だったようですが、その伝説のハンブルグでのライブアルバムです。「ピアノ・トリオの既成概念を覆すようなカラフルなサウンドと変化に富んだリズム」と評価されていますが、まさにその通りで、多彩な音色と繰り返される美しいフレイズに誘われながらドラマティックな展開にいつのまにか引き込まれてしまうという、まさに噂通りの新感覚なプレイです。なんかパット・メセニー・グループにも似た感じです。一度生で聴いてみたいピアノトリオですね!
3月16日夜9時からのFMアップルウエイブ「IN A JAZZ」でもお送りします。

| コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »