« ボジョレー・ヌーヴォ | トップページ | iPodでチャカ・カーンはやばい! »

2006年11月21日 (火)

東京ジャズ2006

昨夜は暇だったんで早く帰ってNHK BSの「東京ジャズ2006」見ました。
上原ひろみのライブは初めて(テレビですが)じっくり見ましたが、一音一音に対する集中力と力強くドラマチックな展開に見入ってしまった。
ラリー・カールトンとロベン・フォードもおじさんになっちゃったけど、いい味出してる。
しかし、渋さ知らずは、なんじゃいな〜 喧噪とした統一感みたいなとこあるね!
片山のサックスは相変わらず凄い。
深夜なのに思わずヴォリューム上げて最後まで楽しんでしまった(^^;)
今夜、そして明日と3日間深夜12時からやってるようです。


« ボジョレー・ヌーヴォ | トップページ | iPodでチャカ・カーンはやばい! »

コメント

おかもとちゃん好みのバンドでしょうか?
確かに和風サン・ラというか、場末の前衛舞踏集団というか、
ねぷたで夜行館と共演したら凄いかも(^^;)

投稿: たいき | 2006年11月22日 (水) 17時09分

「渋さ知らず」!凄い!凄すぎる!
「デ・ガ・ショー」でも圧倒されたけど片山の音が凄い!
人数が多いとかそんな事ではなくこのパフォーマンスには丁度いい
メンバー構成なのかと勝手に納得してしまった
このまま行くと「サン・ラ」みたいになるのか?

投稿: おかもと | 2006年11月22日 (水) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボジョレー・ヌーヴォ | トップページ | iPodでチャカ・カーンはやばい! »