« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-11

◎奧野&精 SPECIAL 写真

P1010099
奧野の期には今回OB会ライブに参加していた土岐ss、永谷tsがいる。学生時代から演奏もそして飲みにも熱い毎日を送っていた。


P1010095
このアップの写真見て、精の指が意外としなやかで優しそうなのにはびっくりした...




P1010106
今回の演奏を聴いて大塚もまだまだ進化していくミュージシャンなんだなと思った。これからも楽しみにしています。



P1010121
松井ちゃんにはいつも、シンバル借りたり練習台作ってもらったりスタンド直してもらったりとお世話になりっぱなしである。ついでにテクニックも分けてくれると嬉しいなあ...



P1010112_1
数日前に水疱瘡になってしまったという吉崎。まだ残る湿疹が痛々しいけど、そんな体調の悪さを感じさせないプレイでしたね。

| コメント (0)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-10

◎奧野&精 SPECIAL

 奧野義典.as 工藤精.b 大塚仁.p 松井儀行.ds 吉崎拓美.g

今回のOB会ライブ最後を飾るのは、奧野と精を中心にジャズ研OBの中でもテクニックと熱いハートを持ったスペシャルなメンバーです。
期としては奧野7期、松井8期、吉崎14期、精と大塚が18期と幅広いですが、このあたりのジャズ研部員は特に個性的なメンバーが多いだけに、そういった環境でもまれた精鋭揃いという印象です。
演奏が上手いということに関しては文句のつけようもありませんが、演奏に対する情熱、意気込みといったものが伝わってくるだけに、まさに熱いスピリッツを持ったメンバーというところがスペシャルな由縁でもあります。
演奏する方もそうだったでしょうが、聴く方にとっても楽しみな顔合わせだったと思います。それは彼らの演奏を迎えるジャズ研OBの声援からもはっきりと分かりましたね。自分が弘大ジャズ研に在籍していたということ、そして彼らのような素晴らしいメンバーと一緒に演奏していたということ、それを誇りに持ちながら「奧野&精 SPECIAL」の演奏を聴いていたと思います。
ジャズ研30周年という歴史を迎えて、こういったUNITが今後もたくさん出てきてくれればいいなと心から思った次第です。

P1010117
時間の都合で3曲だけでしたが、キャラクターと同じで中身の濃い演奏でした!



P1080943
関東バンドもそうですが現役時代は全然知らない部員同士でも、こうやって演奏できちゃうところがジャズ研の楽しいとこですね!

| コメント (0)

2006年6月29日 (木)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-9

◎関東支部 BAND 写真

P1010053
山内に祐親子のトランペットです。




P1010055
もっとも現役に近いテナーのトシちゃん。米村さんtbは昨年から東京で暮らしてます。



P1010074
藤崎asと大吾asは期も近いので学生時代から仲良し?であった、と思う...




P1010087
並んでいるだけで絵になるメンバーとも言えますね!




P1010056
松井と同期でライバル同士のドラマー。ジャズ研の長い歴史の中でもずば抜けて上手い二人です。今回も安田兄のしなやかでタイトなドラミングにはほんとため息もので感心させられました。



P1080935
卒業して20年? 再び遠藤ts、土屋b、安田dsというこんなメンバーの組合せを聴けるなんて夢のようですね!




P1080938
あれ、メンバー何人かいないけど、まあいいか。みなさんお疲れ様でした!

| コメント (0)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-8

◎関東支部 BAND

佐藤祐.tp  山内政也.tp 佐藤jr.tp  米村美生.tb  藤崎研二.as 橋本大吾.as  
遠藤芳徳.ts  西岡ちえ子.ts  杉原敏夫.ts  大塚仁.p  土屋照雄.b  安田俊逸.ds 

大学卒業した後に東京方面に就職する人は多いので、おのずと東京、神奈川、埼玉、千葉といったあたりにはたくさんのジャズ研OBが住んでいることになります。
そんなメンバーが集まって酒を酌み交わすのも楽しいが演奏もやろうよ、といって出来たのが関東支部BANDです。
仕事も生活パターンも違うメンバーが揃って練習というのは大変でしょうが、そこは学生時代から演奏していた経験もあって立派なバンドに変貌して一昨年のOB会で演奏。
昨年の秋には仙台で行われた定禅寺ジャズフェスにも参加して勢いづき、今回の第二回OB会ライブ参加ということになりました。
充実したホーンセクションとパワー、さらに強力なリズム陣で圧倒させてくれました。
昔のクリフォード・ブラウンのジャムセッションやオリーバー・ネルソンのビッグバンドを彷彿させる好演でしたね!

P1010048
今年30周年を迎えるジャズ研OBが時を超えて集まった夢のようなバンドですね!




P1080925
今回はリーダーの祐が親子で参加して、みんなからうらやましがられていました。

| コメント (0)

IN A JAZZ

今週の土曜日、7月1日夜10時からのFMラジオAPPLE WAVE「IN A JAZZ」は私の担当です。
今回お送りするのは新譜特集第二弾ということで、

Chick Corea/Super Trio
1)Humpty Dumpty
2)The One Step

Eliane Elias/Around The City
3)Running
4)オエ・コモ・バ
5)Around The City

エルダー・ジャンギロフ/ディリー・リビング - Live At The Blue Note
6)What Is This Thing Called Love
7)Someday

という内容です。
いずれもピアニスト、どうぞお楽しみください。

| コメント (0)

今月のプレイボーイはマイルス

「マイルスとJAZZの80年」と題して特集組まれています。
ジョン・レノン夫妻との貴重なショットも載ってました。
前のコルトレーン特集に続いて読み応え、見応えある内容になっています。
もちろん美しきプレイメイトも満載だ!

HPはここ

| コメント (0)

2006年6月28日 (水)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-7

◎UNIT SEVEN 写真

P1010042
関東バンドを率いるタスクちゃんに一曲お願いしました。
何年ぶりの共演かな?



P1010043
土岐ちゃんとは一緒に演奏する機会が多く現在バンドもやってます。
もう20年以上は共演中かも...



P1010039
永谷も地元なのですが、思いだした頃に共演するという感じですね。
たまにセッションにも顔出してくれることあるし、これを機に演奏の機会ふやしてください。



P1010038
いままで余り共演することなかった宮腰との演奏も今回は楽しみにしてました。
持参のDVDビデオも上手く撮れてたし、ダビングして送ってね!




P1010037
晶子ちゃんは弘前に住んでいながらお医者さんということで忙しく、なかなか演奏する機会が少ないです。
一緒に演ってても聴き惚れてしまうくらい上手いピアノだけに、もっと聴く機会が欲しいですね。


P1010035
精ちゃんにはOB会や学祭などことあるごとに弘前まで足を運んでもらってます。
後輩にとっても自慢できる先輩、そして大いに刺激になるプレイヤーだけに、これからも精力的な活動期待しています。


P1010033
今回も素晴らしいメンバーとOBライブに参加できただけで満足です。
あとは腕磨くだけだと言って早25年はドラム歴あるかもな...

| コメント (0)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-6

◎UNIT SEVEN

 木村鯛貴.ds 峯岸晶子.p 宮腰徹.g 土岐力.ss 永谷充.ts 佐藤祐.tp 工藤精.b

私の役割としては、ジャズ研大御所に参加してもらうことかなと思って集めたメンバーです。前に私のバンド「AFTER HOURS」としても晶子ちゃんや土岐、永谷、祐とは演奏していたので気心知れた演奏仲間という感じでした。
今回は盛岡で精力的に演奏活動しているベースの耕平くんに参加お願いしたのに、仕事で来れなくなってしまいました。バンドとしてもそうですが、OB会ライブに彼が現れただけでも盛り上がれる愛すべきキャラクターだけに残念でしたね。
しかし代打と言うにはおこがましく、プロとして日野皓正や矢野沙織、TOKUといった有名ミュージシャンとも共演している精ちゃんと一緒に舞台に立てたことは大変光栄に思っています。
晶子ちゃんのピアノを中心にピアノトリオ、ギターの宮腰フューチャーしたカルテット、ソプラノ土岐とピアノのデュオ、そしてトランペット祐、テナー永谷を加えた7人全員での演奏と、時間の少ない中でちょっと変化をつけてみました。最後はバンド名にもしたUNIT SEVENで楽しく終了できましたね。
聴いていた人には相変わらずスリリングなドラムだねと言われてしまいましたが、慎重になって逆に不安定になったかも。どうせスリリングならもっと思い切って大胆にいくんだったよなあ... 安田や松井はほんと上手かったもんなあ(^_^;)もっと頑張る!

P1010045
今回おつき合いしてくれたメンバーには、また宜しくとねとお願いするばかりであります。
お疲れさんでした。

| コメント (0)

2006年6月27日 (火)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-5

◎カチョー BAND 写真

P1010017
息の合った二人のヴォーカルに魅了されましたね。



P1010018
大船tpとトシtsはジャズ研24期の同期。今回ビッグバンドに参加した美花tsも同期です。



P1010023
弘前在住のあかねちゃんです。時々UNIONセッションにも顔出して叩いてくれます。



P1010029
現役からもカチョーと呼ばれて親しまれて?いる、カチョー鈴木の真面目なショット!



P1010030
歌もうたってペットも吹けるということで、子供にもOBにも人気者となった愛ちゃん。全国的にもアイちゃんは大活躍してるしね!

| コメント (0)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-4

◎カチョー BAND

 鈴木裕一.g  大西聡美.vo  石岡あかね.ds  大船 一樹.tp  杉原敏夫.ts
 鈴木愛子.vo(現役)  小川真友美.b(現役) 上田香菜子.p(現役)

今回のカチョーBANDは女性二人のヴォーカルをメインに、カチョーは編曲と裏方に徹するという実生活とは全く逆のスタンスで、これが見事に成功しました。
普段もこれくらい謙虚だといいんですがね...
ヴォサノバというと男女のDuoというのはよくありますが女性二人ということで、どんな風になるのかと思いましたが、聡美ちゃんも愛ちゃんも綺麗な声してるので瑞々しく清楚で爽やかな印象になってとても良かったです。
ドラムにはあかねちゃん、そしてカチョーに尻叩かれて練習したという大船と当日合わせながらも落ち着いたプレイをしたトシちゃん。上ちゃんp、マユbといった現役も頑張りました。

P1080898
最近はヴォサノバBANDで活動しているカチョーですが、9月に仙台で行われる定禅寺ジャズフェスにも出演したいと言ってました。今回のメンバーで行ければ、なかなか良いかもです!

| コメント (0)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-3

◎The Amazing Jazz Orchestra 写真

今回現役のメンバーにスタッフとしてPAや照明、飲食、受付、ビデオ・カメラというふうに役割分担して協力をお願いしました。
私の写した写真と一緒に後ほどデータHPに掲載します。

P1080873
ビッグバンド、リハーサル中!



P1010002
いよいよ本番。OB LIVEと台に表示されてましたね。



P1010010
ビッグバンドにゲストとして参加してくれた奧野asです。



P1010008
工藤精bはビッグバンドは初めてで緊張したそうです。




P1080888
山内tpはビッグバンドが好きで、昔、ジャズ研の西岡ビッグバンドで、青森市で開催された「青函博」にも参加しました。



P1010013
さらにトロンボーンの米村さんとテナーの鈴木美花にも参加してもらいました。



P1010007
ビッグバンドを率いて頑張ってる成田ゆうじん。ドラム、ピアノ、歌も得意なマルチプレイヤーです。



P1010005
ドラム担当はジャズ研30期部長の大友こうへい。リハでは緊張気味でしたが本番は上手くこなしてくれましたね!


| コメント (0)

2006年6月26日 (月)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-2

◎The Amazing Jazz Orchestra

成田悠仁.CM 大友康平.Ds 玉田旭.Ba 乳井佳奈子.Pf 渡辺健.Gt 吉田周平.Ts 柳谷睦実.Ts 福田郁子.As 伊丸岡亜由美.As 山崎洋輔.As 林英樹.Tp 下坂直也.Tp 三浦さやか.Tp 信濃幸.Tb 諏訪亨.Tb
OBゲスト:奧野義典.as 工藤精.b 山内政也.tp 米村美生.tb 鈴木美花.ts

Big1

今回現役のビッグバンドに参加してもらったのは、なかなか来れないOBの人達に現役の演奏を聴いて欲しかったのと、OBと現役が一緒に演奏できる機会を作りたかったからです。
それがどんな形で演奏に現れるのか、実はとっても楽しみにしていました。
短いリハの時間で合わせなけれいけませんでしたが、そんな即席ビッグバンドとは思えないほど本番では上手く演奏できたんじゃないでしょうか。
現役ビッグバンドのメンバーはもちろん感激していましたが、今回ゲストで参加したOBのみなさんも、ちょっと緊張したけど楽しい時間を過ごせたと満足していました。
また学祭などでもこんな機会が作れればぜひ実現して欲しいです。
ビッグバンドは練習やメンバー確保などで大変でしょうけど、これからもずっと続けていけるように現役部員には頑張って欲しいと思いました。
OBのみなさんもそう願ってましたね!

Big2

初めてジャズ研のビッグバンドを聴いたOBが多かったですが、自分も現役の時にあったら参加してみたかったという人もいましたね。

| コメント (2)

「弘大ジャズ研OB会ライブ!」-1

4年に一度、総会と交互に行われるOB会ライブが盛況のうちに終了しました。
今回は第二回目でしたが、4年前の第一回ライブの時と同じように各地からジャズ研OBが駆けつけてくれ、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
観客も100人近く入ってくれ、コンサート参加のOBやお手伝いの現役メンバーなど含めれば170人以上は会場にいたと思います。

夕方5時に始まって最初は緊張した雰囲気の場内も、演奏が進むにつれて歓声や拍手も大きくなっていきました。そしてセッションが終了する9時過ぎまで、観客のみなさんは5つのバンドの演奏を熱心に聴き入ってくれたと思います。
演奏を聴きに駆けつけてくれたジャズ研OBや現役のみなさんにとっても、今回のOBライブは非常に刺激になったのではないでしょうか。

コンサート当日。前夜のUNIONセッションで朝方まで飲んで盛りあがってましたが、なんとかリハには間に合わせて来てくれたと思いきや、カチョーBANDのメンバーが揃わなくてUNIT SEVENが最初にリハーサルしました。
その後順番にリハを終えて、開演1時間前に参加者、スタッフみんなでコンサートの最終打ち合わせです。

P1080876


そして6月24日(土)4時50分、ジャズ研OB会長の安田昭弘のご挨拶で第二回のジャズ研OB会ライブは開演しました。

| コメント (0)

2006年6月25日 (日)

今夜

なんか知らないが、少しずつ家に集まり始めて、現在11人。
精やトシやアキラもいて、なんか盛り上がってます。
これだったらUNION開けるんだったなあ・・・

P1090030 OB会ライブの余韻はまだ続いてますよん!




| コメント (0)

2006年6月24日 (土)

OB会ライブ前夜祭

今日はこれからOB会ライブです。
昨夜はOBの面々(精、大吾、トシ、山中、アキラ、成田など)も来てくれ、
セッションは大いに盛りあがりました。
その後政やんへ行って、早くも午前様!
お会計は山中先輩にごちそうになり、誠に有り難うございます。
今日も盛り上がるよん!

Dscn0628

| コメント (0)

2006年6月23日 (金)

W-CUP日本お疲れ!

昨日はアブちゃん早く寝るとメール来てたので、仕事が早いのかなと思っていたが夜中に騒いでいる声で目が覚めた!
サッカー見るために早起きしたらしい。
ということで私も前半終わりかけのの5分間、日本が1-0で勝っていて、同点ゴール入れられるシーンまで見た。
起きてみると1-4で完敗!
ブラジルの力を見せつけられるとともに、日本の実力がはっきりした試合だった。いずれにしても玉田の見事な1点が入ったので、少しは気分がすっきりしました。

しかしサッカーは情熱持った自己主張の強い国民性に合ったスポーツなのかもな・・・
控えめで紳士的な日本人が彼らに勝つには、また違った戦術が必要なのかもしれない。

今回の大会は、ゴールキーパー川口が大活躍でしたね。
日本代表、ご苦労さんです。

| コメント (1)

いよいよOB会ライブ!

明日は(と言っても今日ですが)OB会ライブ前夜祭セッション。
夜7時からです、みなさんお越しください。
でも翌日のために、あんまり飲み過ぎないようにしようね。
と言っても無理か・・・
そして24日はスペースデネガにてOB会ライブ本番です。
4年に一度の大イベント。
前回同様、今回も楽しく盛り上がりまくりましょう。

でもこれから始まるブラジル戦に気持ちが行ってる人も多いんだろうな。
私は、寝ますけど・・・
日本、気分良くなるような得点あげてくれ!
今回のワールドカップの望みは、それだけです。

朝起きての朗報、期待してます・・・

| コメント (0)

2006年6月21日 (水)

NEW ALBUM

Eliane Elias/Around The City

前回のアルバム「夢そよぐ風」から2年ぶりの新作。
けだるいボサノバの雰囲気と都会の情感が交わった不思議なアルバム作り。
イリアーヌの妖艶な個性が発揮された作品となっています。
7月の暑い夜に、車で走りながらこのアルバムを聴いてると、
なかなかいい気分になれるんじゃないでしょうか?

Eliane

 



| コメント (0)

「ウコンの力」大人買い

いよいよ今週末はOB会ライブです。
我が家にお泊まりする人も多く飲みすぎは必至!
ということで「ウコンの力」大人買いです(^^)/

Ukon 学生の間では安いということもあって人気です。
効き目はどうかな・・・?

しかし、こんなこと自慢してどうする(-_-)



| コメント (0)

2006年6月19日 (月)

ジャズ研の練習場

品川町に音楽系サークルが借りてる練習場の煉瓦倉庫ですが、手前の古屋など解体してさっぱりとしました。
そのため倉庫の全景があらわになりました・・・
よく見たら手前は煉瓦造りですが、奥は付け足しですね!

居場所をなくした鳩さんが倉庫の出入り口シャッターの上にたむろしてて、なんかかわいそうであった・・・

P1080839






| コメント (2)

花火

土曜の花火大会は弘前リンゴ公園から眺めてました。
ちょっと遠いけど岩木山をバックに(雲に隠れてましたが)見事な花火が打ち上がりました。
この時期としてはちょっと風が冷たかったですが、まあ楽しかったです。
人もたくさん来ていました。
リンゴ公園の丘から眺めると市内の夜景と花火と両方見れて、なかなかきれいです!

P1080833

| コメント (0)

2006年6月15日 (木)

これが本当なら

怖いわに〜
大鰐だったら良かったのに...(^_^;)

記事はここ

| コメント (0)

2006年6月14日 (水)

サッカーの解説は

やっぱり新聞記事が分かりやすい。

ここじゃ

| コメント (0)

ブラジル勝ったか・・・

と云うことは、ブラジルさんには2勝1引き分けか2勝1敗の道しかない。
もちろん引き分けか負けは日本との試合である。
次のオーストラリア戦にも勝つと日本との試合はある意味消化試合。
日本にもチャンスは当然出てくるわけです。
とにもかくにも日本は日曜日のクロアチア戦に勝つこと!
これで希望は繋がります。
この前のワールドベースボールもそんな苦境からのどんでん返しだったからね。

日曜はセッションだけど、その後店内でクロアチアとの試合観戦予定。
熱い戦いになりそうだ・・・

しかしオレそんなにサッカー好きだったっけな?

| コメント (0)

2006年6月13日 (火)

W-CUPサッカー

日本初戦のオーストラリア戦敗北!
実際オーストラリアは強かった。パス回しは上手いし、シュートも強烈だった。
前半で勝負決められてもおかしくない試合だった気がする。
まあ負けはどうにもひっくり返らないので、一試合終わっただけで今後を考えてみた。
といってもサッカーは全然詳しくないんで、勝敗だけでの予想ですが...

とにかく日本が決勝に残るには、もう一敗も出来ないということは確かで、これからの最高成績は2勝1敗である。
つまりクロアチアにもブラジルにも勝利すること!
これが出来れば万々歳で、可能性もないわけではないが1勝1引き分けというのが希望的妥当な見方でしょう。
日本が1勝1敗1引き分けの成績だとすると、決勝に行くためには、
ブラジル2勝1引き分け
クロアチア1勝2敗
オーストラリア1勝2敗
という成績となる。
つまりブラジルは日本以外に勝ち、クロアチアはブラジルと日本に負けてオーストラリア戦には勝つという図式だ。
オーストラリアは今後全敗してもらわなければならない。
なんとも都合の良い話ですが(^_^;)

しかし、今日の試合でブラジルがクロアチアに負けることがあればどうなるか?
ブラジルは日本とは引き分けの予定なんで、オーストラリアには勝って1勝1敗1引き分け。
クロアチアは日本に負ける予定だがオーストラリアと引き分けると1勝1敗1引き分け。
オーストラリアは2敗の予定であるがクロアチアと引き分けると1勝1敗1引き分け。
みんな並んでしまうのであった。これは困った!

ということで、ここで捨て身の大胆予想!
今日もしブラジルが負けることがあれば、残り2戦全力で来ると思いきや、から回ってブラジル屈辱のワールドカップ始まって以来の3連敗!
日本はクロアチア、ブラジルに勝って、
オーストラリアと共に決勝進出なのであった〜\(^o^)/

でも、ブラジル「FIFA世界ランク1位」 3連敗はないよなぁ。

| コメント (0)

簡易練習台

Drum 足に巻いて使うものです。
自宅で見つけて久しぶりにやってみました。
毎日これで練習したら上手くなるかも?
なかなか楽しいであります(^^;)


しかし昨日のサッカーは残念であった。
思わずやけ酒、まだ頭痛いです・・・

| コメント (0)

2006年6月12日 (月)

中村真ピアノ・ソロ

自転車で旅をしながら各地で演奏を行うという企画で、大阪から終点の弘前までやって来たピアノの中村真さん。
土曜日の夜は「たけや」でのライブでした。

Dscn0613

ジャズのスタンダードからオリジナルの曲まで、自然と旅が好きな中村さんらしいナチュラルなピアノ・ソロでありました。


Dscn0619

その後はたけさんや、遠くから駆けつけてくれたという中村さんのお知り合いも一緒にUNIONで打ち上げました。

 

P1080796


たけやの美味しいお蕎麦も十分に堪能したようであります。

 

| コメント (0)

2006年6月10日 (土)

今夜のIN A JAZZ

忘れてましたが、私の担当でした(^_^;)
最近のアルバム紹介です。

ベースのブライアン・ブロンバーグ、トランペットのティル・ブレナー、ピアノのロブ・アフルベーク、そしてギターのパット・マルティーノと各楽器から選んでみました。
今夜10時からFMラジオAPPLE WAVEでお聴きください。

Brian Bromberg/Downright Upright
1)Cantaloupe Island
2)Sunday Mornin

Till Brönner/Oceana
3)Bumpin'
4)River Man (Featuring Till Bronner)

Rob Agerbeek/The Very Thought Of You
5)Besame Mucho
6)Once I Loved

Pat Martino/Remember
7)Full House
8)Unit Seven

| コメント (0)

2006年6月 9日 (金)

西弘前商店街のHPも

ちょっと更新しました。
リンクされてないお店は資料届いてないからです。
ひとまず所在地確認でご勘弁。

西弘前商店街のHPはここ

| コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

めん房たけやのHP

今夜も暇なUNIONじゃ...(T_T)

で、今思いだしたが、昨日「たけや」に行ったらHPご案内のチラシがあった!
なんと、いつのまにやら「たけや」もwebデビューしていたらしい...
で、何処だろうという方 ここじゃ

| コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

新しい椅子

UNIONの椅子の何脚かは、座っているうちにバラバラになってしまうという崩壊状態。
このままではいつか犠牲者が出てしまうのではと思い、OB会ライブでたくさん人が来ることもあって、この際思い切って新しいのにしました。
さすがに壊れた椅子だけ交換というわけにもいかずテーブルの椅子全部交換です。
といっても高いの買えないから安もんですが...
お暇な堤を呼び出して二人で椅子の組み立て。

Dscn0606これが意外と大変でした。
なかなかきちんと組めなくて、なんかガタガタ?



それでも8脚なんとか出来上がってセッティングしてみました。
ん... 微妙かな?
木の椅子だから店内にはあってると思ったんですが、テーブルの色合いと合わないか!
まあ、でもなんか明るい感じで良いんじゃないですか?
ということにしておこう〜

Dscn0608堤、ご苦労!
ということで、二人でたけやにソバ食いに行ったす。


| コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

周さんが弘前来てる

なんか、だいぶ前に中華料理対決とかでテレビで活躍していたなあ...
結構面白かったね。
ちょっと会って見たいかも(^_^;)

周富徳、来弘はここ

| コメント (0)

ドラムのマット

今月行われるOB会ライブでも使おうと、ドラムのマットを購入しました。
いままでは汚れたカーペットなど敷いていましたが、これで少しは格好がつきます。
もちろん見た目だけではなく吸音・滑り止めとしても効果を発揮しますので、使い心地はいいと思います。
一応ジャズ研OB会から今年30周年を迎える現役へのプレゼントとなっています。
今年は9月に30周年記念コンサートがあり、それに向けての野外宣伝ライブも行われているので、お役に立ってくれるでしょう。

Mat
たまたまTAMAのマットでありました(^_^;)
小さく見えるかも知れませんが、二つ折りで撮影していますので実際はもっと広いです。

| コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »